断酒のすすめ
家族の方へ
体験談
相談窓口
埼玉県断酒新生会とは
例会日程・会場
ディスクロージャー
埼玉県断酒新生会HOMEへ
 
公益社団法人
埼玉県断酒新生会
 
〒339-0067
埼玉県さいたま市岩槻区西町5丁目5番地
TEL:048-758-5625
FAX:048-758-5625
 


全日本断酒連盟
体験談
お酒をやめ続けるには、体験談を聞き、酒害体験を話す事が一番の薬です。
匿 名

入会して救われた私

  お酒を飲むのが好きで、友人との会食や夫との晩酌で楽しく飲んでいたはずの私の飲み方がおかしくなり始めたのは、今年二十歳になる子供が二歳になる頃からでした。

  初めての子育て、夫の地元引っ越しで、見栄っ張りなところがある私は全部きちんとやらなくてはと思い、でもうまくいかずに悩みました。
  今振り返ると、思い込みが激しく一人で空回りしていたのだと思います。
近所の人とも中々馴染めず、人と会うのが非常に苦痛になりました。そのため、地域の集り等に行くときは一杯飲んで出かけるようになりました。そうすると、緊張せず全てうまくやれる気がしたのです。


 そんなことを続けているうちに、酒が止まらなくなり昼間から家に閉じこもってひたすら飲み続けるようになりました。夫の叱責・怒号、子供の泣き声....何も聞こえず、ただひたすら飲んで寝ていました。酒が切れると苦しいので、吐いて身体が受け付けなくなっても、震える手で飲み続けました。
 もちろん家庭はめちゃめちゃで双方の両親も巻き込み、もうどうしようもない状態で入院しました。自分から入院したと言えば聞こえはいいのですが、家族の皆から呆れられ、疎まれてもう病院に行くしかなかったのです。
自分が酒を止められるとはとても思えない気持ちのままの入院でした。そこで初めて「病気です」と言ってもらい、少しだけほっとしたのを今でも覚えています。


 三か月の入院中にアルコールプログラムを終えて、退院してから断酒会に入会しました。
入院中飲まずに過ごして、退院してからも断酒しますと言っても当然のことながら、なかなか信用はしてもらえません。私の夫は、入院中からかなり協力的でしたが、それでもぎくしゃくした関係はすぐには元通りにはなりません。
追い出されないだけありがたいと思いながらも、居場所がないな~つらいな~という気持ちが常にあり、例会通いは息抜きでもありました。
 例会に行くと優しく声をかけてくれる人もいれば、同じ病気なのに「女のアル中はみっともないよ。」と言う男性もいて、心が折れそうになったこともありました。
 そんな時、アメシストの例会に行き話を聞いてもらうと、とても心が軽くなりました。奥さんが一緒に例会通いをしてくれて支えられている男性会員が多いのに比べて、私たちアメシストの中には旦那さんに嫌なことを言われたり、例会通いを邪魔されたりして困っている人もいました。そ
んな時も、例会で話をして一緒に泣いたり笑ったりして、帰りは晴れ晴れとした気持ちで帰る。そんなことを繰り返しているうちに、私は嫌なことがあってもお酒に逃げようと思わなくなりました。


 平成17年に入会して今年(平成29年)で12年。
今まで再飲酒せずに過ごせたのは、仲間の皆さんのおかげです。ギクシャクしていた家庭内もいつの間にか穏やかになり、夫と子供も一緒に会の行事に参加してお世話になっています。
お酒で困ってどうしたらいいのかわからない人がいましたら、是非断酒会を訪ねて欲しいと思います。私が救われた様に、きっと良い道が見つかるとおもいます。これからもよろしくお願いします。


高橋 一夫

選ばれた人

 私の酒は仕事上で行き詰まり、上司に治療を勧められます。当時、アルコール治療など容易に受け入れられるものではありません。家内が他界して二年が過ぎる頃でした。

治療や仕事から逃れたい為、酒を飲み続けたい一心で大学病院の精神科を受診します。思惑通り某大学病院に入院しますが、我慢出来ずに一週間後に院内飲酒をする有様。一週間我慢した酒ですから大層美味かろうと思って口にした酒が思いの外不味かった事を記憶しています。大学病院から某クリニック(アルコール専門デイケア)への紹介状を預かり強制退院となります。


 行き場を失い仕事に戻る意欲も消え失せ、仕事を休む口実の「診断書」が欲しくて遮二無二に病院を探しました。近くの心療内科に目が留まり受診しますが、診察して下さった非常勤の先生にこんな言葉を掛けてもらうのです。

「アルコール依存症者がお酒を止め続けることは容易じゃないんだよ。お酒を止め続けていく人は選ばれた人なんだよ!」と。当時の私には医師の言葉の本当の意味を理解することは出来ませんでしたが、少なからず心に響くものがありました。

病気休職する為の「診断書」も諦めざるを得ない状況となり、仕方なく上司の勧めるアルコール専門デイケアに通い始めます。


 「酒さえ口にしなければ良いのだろう!」そんな傲慢な気持ちで通院、自助グループへの参加を繰り返していますから、なかなか復職への道筋が見えてきません。焦りばかり募り、八方塞がりの時、一人の断酒会の大先輩にお会いします。私に訪れた"転記"でした。

「謙虚」、「気付き」、「ただ断酒をすれば良いのではない」。大先輩の口から病院のスタッフと同じ言葉が聞かれ困惑しました。私の心の呪縛が解き放たれる瞬間でもありました。

 私は二年もの長い休職期間を経て復職を果たします。正直長かったですが、私にとって必要な時間だったと感謝の念に変わってきました。院内飲酒で強制退院を受けた某大学から預かった「紹介状」ですが、職場の勧める別のクリニックに通院した為、手元に残ったままでしたが、数年前開封したところ「アルコール依存症・非社会性人格障害」とそこには書かれていました。娘にはこの紹介状の話をして一緒に笑いましたが、当時の私の状態を象徴するエピソードです。


 この会では「アルコール依存症になって良かった」と、そんな言葉がしばしば聞かれます。私はそこまでの境地ではありませんが、もっともっと早く病気に気付きたかったと切に思う時があります。かけがえのないものを失って私は気付きました。家内が生きている内に病気に気付きたかった。

「過去は変えられないけど、未来には希望をもって」。断酒会にお世話になって感銘を受けた言葉です。アルコール依存症になって良かったとは思えなくとも、私は「選ばれた人間」になりたいと思い続けます。

T.O.

飲まなくても、大人とみられたい

 「あなたは、アルコール依存症ですよ」医師にそう言われたのは今から8年前のことでした。私は当時、ボーとした頭でそれを聞いてました。ある日突然アルコール依存症になる訳もなく、罹患した経緯をこれから少し記述したいと思います。

 子供の頃、私の周りの大人、特に男の人は皆飲んでいたこともあって、大人っていうものはお酒を飲むものだと思っていました。逆に飲めるようになれば、自分も大人の仲間入りが出来ると思っていたような気がします。
  大学入学から社会人数年目までは飲み会があれば行くといった機会飲酒(と言っても断ったことは有りませんでした)で、当時私の周りだけかも知れませんが、沢山飲めるやつが偉いという風潮があり、ただひたすら大酒飲みとして楽しく飲んでいました。楽しかったのは自分だけだったのかもしれませんが。

 その後、転勤で一人暮らしを始め、ほぼ毎日飲む様になり、飲まいと眠れなくなるような時もありましたが、それでも30代前半まではうまくやっているつもりでした。おかしいなと思ったのは30代半ばで、会社で成人病検診があり、糖尿病と診断され禁酒を言い渡された時です。最初の約3ヵ月は飲まないでいられたのですが、3ヵ月ごとの定期検診が終わるとしばらく飲む、検診が近づくと止めるということを繰り返していたのですが、段々と止められる期間が短くなっていき、おかしいなとは思いながら飲み続け、又止めなきゃと思いながら飲んでいました。そうする段々と体調が悪くなっていき、やる気のなさでありとありゆる嘘をついて、会社を休む様になっていきました。
 こんな状態がしばらく続き、会社の産業医から精神科の受診を勧められ、いやいやながら受診、そこで初めて言われたのが冒頭の言葉です。
 ただその時にはそれが何なのか説明もなく、というか担当の大病院の精神科部長医師も病名は知っているが、対症療法はよく解かっていなかったようで、会社に提出する診断書「アルコール依存症のため2週間自宅での静養が必要」と記載されていました。当然その後も状況が良くなることはなく、何とか自力で止めようとするのですが、2~3週間でまた飲み、連続飲酒で会社を休むということを繰り返していました。
 まあ後から考えてですが、その精神科医の唯一良かった点はアルコール専門病院への紹介状を書いてくれたことだけでした。
 今思うと、この時期はこのままじゃ会社にもいられなくなるから酒を止めなきゃという思いと、大好きなお酒を取り上げられるという恐怖とで、かなり混乱していたように思います。ただ紹介状をもらったけれど、精神科への入院にはもの凄い抵抗感があり、家族と話、酒は止める、入院はしないと言い張りましたが、それも叶わず結局家族に連れられ専門病院への入院となりました。

 そして退院後すぐに復職し病院OBの自助会や埼玉西部の断酒会に通い、断酒の日々を送りました。2年ちょっと経過した頃、自助会・例会に参加できない時期がありした。結果、行かなくなって数ヵ月後には飲んでいました。再度の入院中、前回入院していた時の同期の人が院内メッセージに来てくれ「入院しててくれて良かったと言いました。最初何のことか解らなかったのですが、聞いてみると前回の入院で一緒だった人達が10人近く亡くなっているということで、生きてて良かったという意味でした。さすがに考えました。過去のことはさておき、これから先、どうやったら止められるのかと。その時ふと思ったのが、曲がりなりにも例会に出ていた2年間は飲まないでいられたということです。これからも例会出席を続けて、いずれは飲まないでも大人とみられるような人間になりたいと思っています。
M.E

断酒会に入ってから

 

 私はアルコール依存症で、精神科に入院するまで「断酒会」という存在どころか名称すら知りませんでした。

 

 入会申し込み用紙を書いたその日に再飲酒してしまい、たった2日間で入院前のようなひどい状態に戻ってしまい、どうしようもない有様でした。

 その間、何度となく仲間から連絡をいただいていましたが「また元戻ってしまった」という後侮と気まずさで電話に出られず、やっと話に出たときに「大丈夫だから一緒に断酒例会に行こう」と励まさ一緒に行ってもらう始末でした。

 

それからは、いつも仲間の皆さんと断酒例会に出席させてもらってました。

そんな中で、いつのころからか、忘れてしまった人の暖かさというものを思い出させてもらいまた。

断酒を始めて半年以上が経ち、アルバイトもできるようになり、形だけは少しずつですが本来あるであろうという生活に近づいてきているように思います。

 asagao.jpg

 今まで「自分勝手」と「自由」、「自分を大切にする」ことと「自分を甘やかす」ということを、ずっと履き違えていきてきた分、これからはお酒で失ったもの以上に新たに学ぶことが多いと思います。

 今思えば、身体的にはどんな痛い目をみても何の危機感もありませんでしたが、さすがに再飲酒してしまった時は、気持ちの上でとても痛い目を見たと思います。同時に仲間に助けられた、ありがたみを忘れずに生きていこうと思いました。

 

未だ、一方的に助けてもらうばかりで何もできない私ですが、断酒会を、そして仲間を大切にして、たくさん学んで、日々をすごしていきたいと思います。

 断酒会と出会ってなかったら、きっと今の私はなかっただろうと思いす。

 

これからもよろしくお願いします